2013.03.21

拝啓 もうすぐ花見だと浮かれそうな陽春の時期
    皆様益々穏やかなことと存じ上げます。

 が急に咲きだし春のきざしが感じられるこの時期なのに
この時期私はそんなこと関係なく途方に暮れます。
花見をして盛り上がるような余裕などなく、
一年に一度必ず来る私の悲しき誕生日、
こすっても落ちないこれからもずっと続くであろう
身体に染み付いたトラウマが脳内で優位になるとき・・・

 だに自分の身に何が起きたのかもよくわからず
月日は悲しくも過ぎていき、人々は変わって行くのに
私だけが取り残されるような不安感と焦る気持ち。
定期的に襲われ肉体もろとも自壊しそうになる。 神様助けて下さい。
3月21日誕生日の朝・・珍しく春分の日は昨日
今日は診療日だがスタッフは来ているだろうか?

DSC06143.JPG

 は花見やX‘masなど何か社会的イベントがあってもそれに同調せず
何かにつけて盛り上がろうと浮かれ楽しむ人達を横目に
ひたすら己に課した仕事や学問とやらをしてきました。
ですが今年明けから体調がまた悪く思考もままならない
そんな時期、1日ずれた春分の日の昨日
なぜか私は江の島に来ていました。

 の島なぎさ駐車場に車を停めて青銅の鳥居をくぐると
参道が続き朱色の鳥居があるエスカー乗り場に出ます。
エスカーを降りると江の島展望台まで行けるので
そこからは足が悪いのでゆっくりと歩き
江の島神社を横目で見て稚児ヶ淵の岩屋の洞窟まで行けます。

DSC06155.JPG

 う10年近く前に岩屋の洞窟に置き忘れたものが
人の流れも建物もめまぐるしく変わって行く中
まだ変わらずそこにあるのか確かめにきたのかも知れません。
信念を変えてまでも生き延びる楽な道が良いのか?
はたまた変わらぬしょうも無い信念を持って過酷に生きるべきか?
もう悩み苦しみ続けることに疲れました。 神様教えて下さい。

 日私は49歳になりました。四苦八苦の49歳です。
生きる苦、老いる苦、病む苦、死ぬ苦
その四苦に愛別離苦、怨憎会苦、救不得苦、五蘊盛苦を
加え四苦八苦というそうです。
死にかけて身体を病み、老いながらも生きながらえ
煩悩と戦いながらも人より努力しても思い通りにはならず
軽薄な輩を尻目に大切なものを失ってでも戦い続ける。
愚かで滑稽なドン・キホーテだったのかも知れないけど、
どうして?なぜ?何があったの?神様否、トモダチ教えてください。

DSC06169.JPG
(でも江の島の海はちょっと穏やかでした。私にも何時かこんな日が来れば・・・)

 なんてね
    
ここで飲むビールとラーメンはうまい。
どうでもいいけどこの日忘れたと言わせね〜ぞ
トモダチ、聞いてるか!
人をハメる奴らは良心がないから無理か?

不肖、全て自分の不徳の致す所
トーマス・迷い人・松村
敬具

PS、俺がどんなに苦労した想いで生きているか分かるまい。それも要らぬ苦労だ。年末からまた凄く体調が悪くても病院に行く時間もない。そして今日この日。でも江の島から帰ったらFBでお祝いが友人知人から沢山届いていたから今日はこの辺でカンベンしてやろう。えっ負けたの俺?でも俺のトモダチへの信念は君らの中で生きてる。決して珍念ではね〜ぞ。ちきしょうー!(よくわからない?わかる人にはわかると思う・・・)