2012.12.24

背景 年末も押し迫りクリスマス・イブなどそんなの関係ねえー
    となんかムカつく今日この頃皆様も益々
    仕事がお忙しいは・ず・だっ・と存じ上げます。

 の時期になるとなんか街がネオンで色付き、
クリスマスとか言っちゃってにわかカップルが
あちこちの往来でその場の勢いで偽りの愛を誓います。
街には沢山のサンタとトナカイが立ち、通り過ぎる人々に
声かけまくっては愛想をふりまきます。
サンタはばカップルと楽しそうに戯れてその場を演出します。

 すが私は真実を知っています。否知ってしまった。
ここらのサンタはみな偽物だと・・・
こいつら考えた事はあるのでしょうか?
便乗してコスプレやっては、ばカップルを持ち上げ
ケーキなど生活には不必要な営業をかけられていることを・・・
(注、コスプレとはコスチュームプレイの略。決してこするプレイではない)
そのうちサンタの帽子を彼女に被せている彼氏もいます。
う〜む、変態だな・・・別れたほうがいいと思う。

 だって幼少の頃はサンタがホントにいるものだと思っていました。
今から考えれば大人らが子供らに集団催眠をかけているようなものです。
詐欺です。見事に騙されたものです。
大人が信用できなくなります。ついでにトモダチも。
だから私は医院に来る子供らにはっきり言います。
「サンタはいません。」っと、経験値がエビデンスとなります。
子供の頃・・子供の頃・・・子供・・・フラーッシュバーック!

121224_2_edited-2.jpg

 が幼少の頃大勢いた姉らの中で比較的優しかった姉Bが1人いました。
もう40年以上も前のこの時期、姉Bは私に言いました。
「トーマス、今日枕元に靴下置いてごらん」と
ベタです。一応まだウブだった私は(今でもですが・・)
心踊りながら姉のお下がりの靴下を用意して布団に入ったものです。
台風が来る前のように気持ちが高ぶって眠れなかったのを覚えています。

 
 が寝静まった頃、同じ部屋だった姉Bは部屋の窓を開けだしました。
薄目を開けて見ていると姉Bは夜空を見上げちゃったりしてます。
どうしちゃったんでしょうか?しばらくするとホントに誰かが
窓から入ってきて何やら姉Bと話しています。
ビビりまくりました。これがサンタという奴か。
部屋の中で二人で徘徊しています。私に気付かれないようにしている・・

 っ?下階から大勢上がってくる階段の音がするやいなや、
サンタは物凄い勢いで窓から飛び出しました。ここは2階です。
パッと明りがつくと恐い父が「泥棒かっ!」と叫びながら
部屋に乱入してきては窓から下を覗きます。
私も今起きたフリして窓から見下ろすと姉Bの彼氏が地面でのたうち回っていました。
他の人らはそれを知りません。私は姉Bの顔を見上げました。
苦悩に満ちた顔をしています。

 「察呼べっ!」「皆無事かっ!」「何されたっ!」とか怒号が飛び交います。
「ふて〜ヤロ―だ」とか言ってほうき持っている姉A、Cまでいます。
良く分からない言葉を話す親戚とやらもいます。
姉Bはしばらく考えてフッきれたのでしょうか?
「キャー泥棒っ!」って?! パトカーが来ました。 ねえちゃん、あんた悪魔か!。
靴下にはトヨタ2000GTのプラモデルがありました。
その後その人がどういう人生を歩んだかは知るよしもありません。
その因果がまさか自分に?・・・と思うことも無いわけではありません。
偽りの愛、私は漁夫の利

 なんてね
それから女性が恐くなりました。
イザとなったら自分を正当化する為に愛した男を陥れた・・・
あっトモダチ聞いてる? コワ〜い! ホントの話し。

不肖 トーマス・松村

121224_3_edited-1.jpg

PS、誰だ!俺のロッカーに飾った靴下に輪ゴム入れた奴は〜!ある日突然部下が信用できなくなる日。