2012.10.31

拝啓、急に身も心も寒くなる秋風が吹くこの季節
    皆様も益々心のすきま風が、えっ?又私だけって?
    私のすきま風は台風並みじゃー! だから俺の勝ち・・もうやだ〜(悲しい顔)

 て前回登場のセンターN君に許しを乞いたいと思います。
センターと言っても大島優子でもカラのギュリさんではありません。
私はどちらかというとハラさんが好きです。
ハラさんといっても中学校時代のC組の原君ではありません。
原君はかなり腹が出てました。 ブツブツ・・・
おう!N君の話しでした。(あぶね〜!)

 て前回ブログのオチのように野球部内で横暴を極めた
私はあたかも自身のみだけ野球をやっているかのような
愚劣な錯覚に陥り同僚や先輩後輩ら又は擁護し続けた先生方、
他部員に沢山迷惑をかけてしまっていたのだと
これまた回顧しています。いつか許しを乞いたい・・・

DSC03583_3.jpg
(カラのハラさん。私より顔が小さい。っていうよりお前髪ボサボサで不潔だぞ!
ずっと引き籠っていると気にならなくなります。どうせブサイクだし・・・)


 君らと野球少年だったころ同級に陳君と古賀君という
これまた真面目なチームメイトがいました。
一個上に真木さんというハチャメチャな先輩と
翁さん(おきな)というおとなしい先輩
その他何人かがS中の野球部のそうそうたる外野陣です。

 て監督は雨宮さんという当時すんげー恐かった大学生で
ビシバシしごかれたものです。
特に態度が悪かった私はよくシバかれました。
でも影ででは擁護し続けてくれたのも知っています。
だから生まれや差別に悩んでいた私はシバかれることは
苦ではなかった。逆にうれしかったものです。

 あ授業が終わった。着替えて練習だっ!。
模擬試合風にそれぞれの守備位置について
雨宮さんのノックを受けますが、さてここで登場。

DSC05719.JPG
(友達ノート買って友達の名前書いてます。決してデスノートではありません。
 あっトモダチ聞いてる?私の分まで元気でいてくれたら幸いです。)


 
 野陣の真木さん、陳君、古賀君、翁さんがまさにこの順番で続けて
簡単なフライを取ってドヤ顔で違うベースへボールを返球!
その間にランナー役がやっぱり全てホームイン!
ものの見事に同じ過ちを4人続けてしまったその時!
雨宮さんは怒り狂ったかの大きな声で
「真木っちんこがおおきな!お前らちょっと来い!皆集まれ!」っと

 習が中断になって皆監督を中心に円陣組み出しました。
監督が何か凄い事を教えてくれるのか?
私はドキドキしながら遅れて円陣に加わると
誰も何もなかったようにフォーメーションの確認をしています。

 が内諸で聞きたい事はこんなことなのか?
こいつら監督と一緒になって俺をからかっているのか?
多感でまだ大人に成りきれない中坊の俺にそこまで言っておいて・・・
それからしばらくなんか腑に落ちない日々が続き
勉強も手が付かなくなりながらモンモンとしてました。

成蹊2_edited-22.jpg

 督の雨宮さんが狂ったのでは?という不安と
さすが大学生、やっぱり違うなぁ、という感心が入り混じります。
又何事もなく淡々としているチームメイトが私には理解できません。
練習中に突然卑猥なことを叫んだ監督とそれを淡々と流すチームメイト・・・
私は皆より成長が遅れているのか?
未知の世界をチームメイトは既に知っていて
俺だけがまだ知らんのか? 早く大人になりたい・・
帰り道には平凡パンチが道路脇に捨ててあります。

 っ、ガマンできない・・と真木さんに聞いてみました。
「真木さんって○*+△&$×?なんですか?どうしたら僕も・・・?」
「お前何言ってんの?俺と陳と古賀と翁がミスって怒られただけじゃん。」
真木、陳、古賀、翁・・・私は友達の名前を聞いただけで
かなり永い間もだえ苦しんでたようです。
「冗談ですよ、マ、キ、さんっ!」誤魔化しました。

 なんてね
そんな風に想ってた自分が不潔だと想います。
悲しすぎる中学時代・・・切実な想い・・

不肖、松村東栄

PS、かなり後から聞いた話しで「真木ちんこがおきな」がネタになっているのを知って少し救われました。前回の同窓会でも話題になりました。私が妄想の迷路に堕ちていたのは口が裂けても言わないつもりでしたが、それはそれで辛いので懺悔します。友達の誇り高き名字を聞いて変な事を想像してしまった私は最低な男・・・
実名出しまくってすんません。あと中島君必ず許しを乞いにいきます。

DSC03272.JPG

2012.10.21

拝啓、お元気ですか?
    今回はちょっと真面目な話し・・(いつもだけど・・・)

 は昭和39年(1964)辰年の東京オリンピックの年に
なんの因果かこの世に望まれず生を受け
本日で48年7カ月となります。
その間にいろんな事をそれなりに経験してきました。
何かの間違いで通っていた高校などは
家の事情と私の問題で憧れの人と別れてまで(見捨てられ)中退し
一度は調理人見習いみたいな事もしました。
日雇いの解体業をしていたこともあります。

 のまま高校中退の人生とクサっていた頃、
沢山の人に迷惑と騒音をおかけしましたのだと思います。
ですがチャンスを頂き、かわりに東京を追われるように
地方の歯科大学に行きました。
私に問題があるのは重々承知なのですが、
それはそれは切ない青春とは言えないにがい時代でした。
巣から墜ちた小鳥はみじめなものです。

成蹊1.jpg

 こうして東京に戻り昔の友人らに会うと
これがまた錦を飾ったかのような錯覚に陥り
調子に乗っていた時代もあったのだと思います。
ですが何とか育ての親の介護も乗り越え往生させることは出来ました。
全ては私の生い立ちの因果と不徳の致す所・・・

 んな折、高校の卒業30年目ということで同窓会が
吉祥寺で行われました。私は中退の身なのに誘ってくれたのです。
ビックリです。私は2次会から出席させていただいたのですが、
約200人程来ていたでしょうか?私のような生まれも育ちも悪い者が
何かの間違いで入った学園なので皆超大物になっています。
官僚、医者、教授、社長・・・皆私だと気付いてくれます。涙がでます。
入れ歯で悩んでいる奴もいました。インプラントだな?
人間恐怖症となってしまった私でも少しは陽気になれたものです。

成蹊2.jpg

 臓を壊して控えていたお酒を飲みながら会場を歩いていると
なんかずっと向こうで私を見てる中年オヤジがいます。
知り合いでしょうか?つうか知り合いな訳ですが誰だ?君は?
なんか恨めしそうな目です。
人前でお話する機会を多く持つようになった私でも、
その会場にいる人と眼が合うと頭真っ白になるクセのある私・・
極力目をそらして平常を装います。

 いつ、歩いてこちらに来ます。ビール瓶持っています。
私の頭をそれでかち割るということでしょうか?
来るっ!どうしよ、目が間違いなく私に向いてます。
やっぱりこっちに来るっ!あ〜、とジタバタしてると
「まっちゃんっ!俺の事覚えている?」とぬかしやがります。
困りました。なんとお答えすればよいのか?
ガキの頃のように意気がって「おめ〜何中だよ」なんて言いません。
面影があるのです。「誰でしたっけ?」とも言えません。
ビール瓶でブッ飛ばされると思ったんです。
「中学でセンターやってたNだよ・・」
覚えています・・・


 学時代は野球少年だった私達はある大切な試合がありました。
私はピッチャーで彼はセンター。9回裏2アウトあと1人打ち取れば
勝ちの時、カッキーン!センターフライがあがりました。
「ふっ、勝ったな。」とマウンドから後ろを振り返った途端、
N君がずっこけてるシーンが目に入ったのです。何かのコントかと思いました。
彼は更に地面で這いつくばって、その間に走者一掃の逆転負け・・
私が覚えているのはハイっそこまで!2人で和やかに笑いました。

 しかしN君は続けます。
「まっちゃん、あの後{俺が9人いれば勝ってたっ!}と言って
俺にグローブを投げつけたの覚えている?」と・・・

成蹊3_edited-1.jpg

 瞬にして背筋が凍りました。ごめんなさい。
3次会、4次会まで出てから反省して引き籠ります・・・

 なんてね

受けた恩は忘れやすいというか気付かないものだが
受けた恨みは忘れないもの
彼は35年もそれをずっと想っていた・・・
行動言動、気をつけましょう。 ねっトモダチ

全ては若気の至り私の不徳の致す所
まだ錦を飾れない不肖 松村 東栄

PS、結構マジな話し・・・

成蹊4_edited-1.jpg