2012.09.30

拝啓、 小春日和、信じていると突然天気が急変してしまうのでは?
     と何時もビクビクしている皆様益々ご清祥と存じ上げます。
     何時台風が来てもいいように危機管理をしておかねば、
     大切なもの全て持ってかれるぞ〜! 経験談です。

 
 月になると、人の心がコロコロ変わるかのように天気が変わります。
同じ花を見て共に美しいと共感した者たちが、
今ではもう心がかよわない事もあります。 ていうかありましたっ!・・・
時間の止まったままの私も変わらねばならない・・・

 んな季節になるとこの業界でもあちこちで学会シーズンとなります。
9月頃から11月までがピークでしょうか?
こんなちっぽけでしょうも無い私も、
しがみ付くかのように抄録を出し続けてます。
ホントは人前に出る資格も資質もないのに、議論という闘いの場に出て
生きている実感、自分自身を確認する・・・悲しい性。
常に闘わねば殺されるグラディエーターのようで虚しい。
がしかし旧友や同じ思考をもった仲間と会えるのも楽しい。

120930_1_edited-3.jpg

 ある学会では直前まで自身のスライドチェックをしながら、
事前抄録集をめくっては宿敵ターゲットを
スナイパーのようにロックオンし、(失礼、敵ではない)
論破してやろうとカミソリで切ってえぐって叩きつけたような
(表現すんません、辛いことありました・・)
質疑をしてやろうとイメージトレーニングをして
(自分の発表のイメトレしろ、間違ってもイメクラじゃねーぞ!)
孤高を貫く孤独なトーマスは用意周到万全の態勢をとります。
(ちゃんと友達いますっ!だって友達になってくれるって言ったじゃん・・)

 あ、時間だ。全て無能な頭の中へ突っ込んだぞ。
引き籠り部屋からそろそろ出かけようとネクタイ締めなおして
ふと窓を見た瞬間、対面ビル屋上から一瞬ピカっと赤い光がしました。
神様がやっと愚かな私をお許しになり光を与えたもうたのか?
これでやっと暗い闇の世界から解放される。羊達の雑談が聞こえる。
これから闘いのミッションを遂行する007のような無機質な心が
フラダンスの犬のラストシーンでネロとパトラッシュが
天使達に祝福されて召されていくような
聖なる気分になり私は会場へ向かいました。

120931_2_edited-2psd_edited-2psd_edited-1.jpg

 っ!自分の発表内容も想定質問の切り返し反論も
ついでに朝飯何食ったかも、なぜここにいるのかもな〜んもかも忘れた!
さらについでに、なぜ?どうして私はこんな人生を歩んでるのか。
体調もすぐれん。介護もせにゃならん。責任も重い・・・あ〜わからん
なぜ女性にモテないのだっ!俺はいったい何者なのだ? あー!

 張で感情が高ぶりドモリながら顔を真っ赤にして
演壇上でお話させていただきました。自分でも何言ってるかわからん。
うっ!いつも見かける嫌な質問してくる奴が会場にいます。
目が合いました。奴は獲物を狙うような目つきでニヤリと・・
私がターゲットにされています。スナイパーの目です。
ロックオンされています。赤い光は奴だったのか

120930_33_edited-33333psd_edited-1.jpg
 
 の定物凄いイジワルで答えようのない質疑をされました。
私はそのまま堕天使に祝福されながら天に召されるシーンを想いうかべ
今まで生きてきて辛かった想いを一つ一つ吐露している妄想をしました。
座長が止めてくれました・・・
会場から出て見上げた空に×がついてました。
神様にもダメだしされたようです。

 なんてね

学会は学問の場であって
自分をアピールする場ではありません。
そう言う人に限って自分では発表せず(出来ず)
人の揚げ足ばかりとって正義を謳う。
いるよね、そう言うの・・・


お前なんかが生意気に人前にでんじゃねー
と自戒する愚かな トーマス・松村


PS、昔の私の口頭発表後の質疑で大変まともな質問と指摘をされた先生が「最後にもう一つ質問させていただきます。先生はどちらの所属ですか?」と質問されたので、
反射的に「一人ぼっちです。」と咄嗟になぜかお答えしてしまったことがあります。会場から「お〜」と歓声があがったのは喝采なのか、同情なのか?はたまた憐れんでいるのか?な〜もかもわからんのが本当です。

2012.09.18

拝啓、消える前の蝋燭の火のように残暑が厳しい毎日
    皆様も益々ご健勝のことと存じ上げます。
    それはお前の人生の蝋燭だけだろ!って? そりゃあんまりだー!

 は平成9年に松村歯科を立ち上げ今年で15年になりました。
今ふり返れば大した能力も智恵もないのに根性とやせ我慢だけで
医院を運営してきたのだと想います。
おそらく他業種の人らにはなかなか理解できないであろう
口腔医療業界の矛盾、本音と建前、医療従事者のモラル・技量の低さ・・
自分んとこのスタッフだけは鍛えようと、あえて厳しさを要求してきました。
自分自身が職務にいい加減にならないようにする為でもあります。

 りゃ俺だって皆と飲みに行ったり、大切な人との時間を楽しみたかった・・
けどそれらを我慢して仙人のようなみすぼらしい生活をしてでも
徒党を組まず孤高を貫き、ひたすら阿修羅のように仕事をしてきた・・
世間から認められ、成功者と言われちゃったり、
自分勝手かもしれんが、名誉と誇りを持つことが如何に辛いことか・・
おかげで軽い気持ち、いい加減な想いで私の医院に来た部下らには
恐いだとか、鬼だとか言われ忌み嫌われ後ろ足で砂をひっかけられる。
ホントに恐いのはそんな奴らが患者を触ることのほうが恐いはず。
患者は知らない・・・。

名称未設定 1_edited-555.jpg

 て15年と言えば産まれたばかりのお子ちゃまが中坊になります。
ふと15歳の時の俺はどんなだったと48歳A型のやせ我慢男は想いました。
今の私のような完成された肉体となる前の中学生時代・・・

 かの間違いで入学した吉祥寺の中学校で野球をしてました。
これまたなにかの間違いで4番でピッチャーでした。
私が投げれば手がすべり相手ベンチにあたり乱闘となり、
私がバットを振れば手がすべり顧問の塩入先生に(化学の先生)
当たって雨宮監督(当時そこの大学生)にボコボコにシバかれ
弁解などクサレ野郎がするもんだとやせ我慢してたら、
今でもわざとやったと言われています。
やっぱりその時代から悲しい人生でした。

名称未設定 2222_edited-1.jpg

 この中学生と言うだけで不良高校生から
カツアゲされている後輩を見つけては助けようと
タイマンはったらボコボコにされたりもしました。
名前も知らない後輩は既に居なかったもんです。
次の日なぜか私が不良にカラまれたことになっていました。
あの後輩のクソガキ、、、理不尽だと思いました。

 んな私を当時みんなは貧弱な坊やと呼びバカにしました。
そこで私は恐る恐る買った平凡パンチ(当時ドキドキだった)
の後ろページに広告していたブルワーカーを買い(当時から通販あった)
疲れない程度に極力毎日体を鍛えました。
そして今ではこんなになりました。

名称未設定 3_edited-.jpg

 記写真は007カジノロワイヤルで
海から上がってきて人妻と仲良しになるシーンの
ダニエル・グレイグではありません。
もうホントにそれカンベンして下さい。
いくら姿形、雰囲気が似てるからって
言われ続ける私の身にもなって・・・(誰に?)
今、自分があらためて悲しい存在なのだと想いました・・・もうやだ〜(悲しい顔)

 なんてね

ホントは体を鍛えても内臓と性格がボロボロで、
すぐ骨と心が折れるやっぱり貧弱なとっちゃん坊や。
弱いクセに強がる自分が大っ嫌いです。


48歳A型人見知りの
対人恐怖症の愚か者
不肖 松村 東栄